FC2ブログ
             自分の青春時代に、一度でも触れたポップスやロック、映画音楽を洋楽・邦楽ともに紹介していきます。
プロフィール

kurimasa

kurimasa

自分の青春時代に、一度でも触れたポップスやロック、映画音楽を洋楽・邦楽とも収集している。 '60年代と'70~'75までの英・米
POPS&ROCKや日本のグループサウンズを語らせたら止まらない。

  
ランキング

ランキング参加中です。応援クリックしてもらうと嬉しいです。(#^.^#)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログへ



人気ブログランキング【ブログの殿堂】





blogram投票ボタン
  
i2i アクセス解析
i2i アクセスランキング
  
ブログ内検索
  
あしあと
  
Yahoo!ボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
  
Googleボットチェッカー
Googleボットチェッカー
  
MSNボットチェッカー
MSNボットチェッカー
  
スポンサーサイト
--/ --/ -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント
URL
COMMENT
PASS:
シークレット 管理人だけ表示を許可する
 
思い出に残る曲 21
2009/ 03/ 24 ( Tue ) 21:58:41
モントレー・ポップ・フェスティバルのテーマ曲

スコット・マッケンジー


 ”夢のカリフォルニア”が大ヒットした翼1967年、同曲を作ったママス・アンド・パパスジョン・フィリップスが、ヒッピーたちの集まる「モントレー・ポップ・フェスティバル」のためのテーマ曲として作った作品である。歌っているのは、彼の幼友達のスコット・マッケンジーである。

 このさわやかなサウンドは、フラワー・ムーヴメントの象徴であり、”夢のカリフォルニア”と並んでヒッピーたちの讃歌となっている。日本でもGSのサン・フラワーズが、日本語でカヴァーして歌っているなど、世界中の大ヒットとなった。


もし君がサンフランシスコへ行くなら
必ず花を髪にさしなさい
もしサンフランシスコへ行くなら
きっとやさしい人たちに出会うはず

サンフランシスコに来る人のために
夏の日に そこで愛が生まれるだろう
サンフランシスコの通りには
花を髪にさした優しい人たちがいる

国境を越えた
この不思議な感情
人々はじっとしていられない
すべての世代がが集まる
新しい感覚で
人々はじっとしていられない
人々はじっとしていられない

サンフランシスコに来る人たちのために
きっと花を髪にさしなさい
もし君がサンフランシスコに来るなら
夏の日に そこで愛が生まれるだろう


 世界中のすべての人をサンフランシスコに誘う、街を謳歌した曲であり、そこには愛と優しさが溢れている。

コメント
URL
COMMENT
PASS:
シークレット 管理人だけ表示を許可する
 
置手紙
おきてがみ

 おきてがみりんく集 
クリックして痕跡を残してください。 後ほどお例に参ります。
  
ツイッター
  
スポンサードリンク
  
QRコード
QR
  
copyright(c) 2005 オールディーズ・ポップス&ロック Allright Reserved.
Designed by 吉祥人デザイン( Ryoujinn )

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。