FC2ブログ
             自分の青春時代に、一度でも触れたポップスやロック、映画音楽を洋楽・邦楽ともに紹介していきます。
プロフィール

kurimasa

kurimasa

自分の青春時代に、一度でも触れたポップスやロック、映画音楽を洋楽・邦楽とも収集している。 '60年代と'70~'75までの英・米
POPS&ROCKや日本のグループサウンズを語らせたら止まらない。

  
ランキング

ランキング参加中です。応援クリックしてもらうと嬉しいです。(#^.^#)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログへ



人気ブログランキング【ブログの殿堂】





blogram投票ボタン
  
i2i アクセス解析
i2i アクセスランキング
  
ブログ内検索
  
あしあと
  
Yahoo!ボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
  
Googleボットチェッカー
Googleボットチェッカー
  
MSNボットチェッカー
MSNボットチェッカー
  
スポンサーサイト
--/ --/ -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント
URL
COMMENT
PASS:
シークレット 管理人だけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ブリティッシュ・ロックについて語る
2008/ 04/ 05 ( Sat ) 17:57:57
ブリティッシュ・ロック

 1950年代のポップスは、エルヴィス・プレスリー、ポール・アンカ、ニール・セダカ等アメリカン・ヴォーカル一色であった。

60年代に入り、マージー・ビーツと呼ばれたヴォーカルグループが出現して、イギリス勢がその主役舞台に登場したのである。



リバプール5大サウンズ

 アニマルズ/ヤードバーズ/ディヴ・クラーク・ファイヴ/ハーマンズ・ハーミッツ/ホリーズ



 その後のビートルズが、ポップス史を変えた。彼らの曲には、1曲ごとにその意味合いがあり、類似曲は全くない。

ここで面白いのは、ビートルズの前身であるシルヴァー・ビートルズのリーダーは、スチュァート・サトクリフで、人気が一番あったのは、ドラマーのピート・ベストであったことだ。前者は、画家を目指すためグループを脱退し、後者は、ドラマーとしての技量がなく、解雇された。ジョン・レノンを新リーダーとして、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスンそして最後にリンゴ・スターが参加するのである。

ビートルズ時代の大物グループとしてローリング・ストーンズ、フー、キンクス、フリートウッド・マックがあげられる。



 60年代後半は、たった2年の活動期間で後のブリティッシュ・ロック界に多大な影響を与えるクリームが特筆される。

エリック・クラプトン、ジャック・ブルースジンジャー・ベイカーの3人の偉大な音楽家である。

(この時のマネージャー、フェリックス・パッパルディが後にアメリカで、マウンテンを結成)

イギリスのロック3代ギタリストは、クラプトンの他、ジェフ・ベックジミー・ペイジであるが、3人ともヤードバーズ出身というのも興味深い。

クリーム解散後は、ブリティッシュ・ロックの全盛期で、ジェフ・ベック・グループ、レッド・ツェペリン、ディープ・パープル、ユーライア・ヒープ、フリー、バッド・カンパニーなどのハード・ロックとピンク・フロイド、キング・クリムゾン、ムーディ・ブルース、イエス、エマーソン・レイク&パーマーなどのプログレッシブ・ロックに分かれる。

コメント
URL
COMMENT
PASS:
シークレット 管理人だけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
置手紙
おきてがみ

 おきてがみりんく集 
クリックして痕跡を残してください。 後ほどお例に参ります。
  
ツイッター
  
スポンサードリンク
  
QRコード
QR
  
copyright(c) 2005 オールディーズ・ポップス&ロック Allright Reserved.
Designed by 吉祥人デザイン( Ryoujinn )

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。