自分の青春時代に、一度でも触れたポップスやロック、映画音楽を洋楽・邦楽ともに紹介していきます。
プロフィール

kurimasa

kurimasa

自分の青春時代に、一度でも触れたポップスやロック、映画音楽を洋楽・邦楽とも収集している。 '60年代と'70~'75までの英・米
POPS&ROCKや日本のグループサウンズを語らせたら止まらない。

  
ランキング

ランキング参加中です。応援クリックしてもらうと嬉しいです。(#^.^#)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログへ



人気ブログランキング【ブログの殿堂】





blogram投票ボタン
  
i2i アクセス解析
i2i アクセスランキング
  
ブログ内検索
  
あしあと
  
Yahoo!ボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
  
Googleボットチェッカー
Googleボットチェッカー
  
MSNボットチェッカー
MSNボットチェッカー
  
スポンサーサイト
--/ --/ -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- 自分が選んだGS名曲集
コメント
URL
COMMENT
PASS:
シークレット 管理人だけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
136
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/07/30(Mon) 17:42:11|-|URLMAIL編集/削除
管理人のみ閲覧できます
131
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/12/04(Fri) 23:44:48|-|URLMAIL編集/削除
めぐりゅうさんへ
130
めぐりゅうさんのような若い人まで知っている「花の首飾り」昭和の名曲ですね。
GSには知られざる名曲が沢山あります。
自分には、GSと共に歩んだ青春時代でした。
2009/10/24(Sat) 14:30:43|kurimasa|URLMAIL編集/削除
129
GSが流行っていた時代は小さかったから覚えていないのですが、タイガースの「花の首飾り」は好きで歌詞も覚えています。
GSって良いですよね。
2009/10/24(Sat) 10:56:02|めぐりゅう|URLMAIL編集/削除
A級GS名曲集
2009/ 07/ 20 ( Mon ) 20:21:57
A級GSの隠れた名曲集

タイガース


 GSの真骨頂は、B級およびC級にあり、曲としては①カルト・ガレージタイプと、②GSならではのメルヘンの世界、あるいは、③独特の歌謡ポップスなどが挙げられよう。
 ①については、これまで再三述べてきたし、A級GSでは、カップスを除けばほとんどこれに該当しない。②は、歌詞にもよく現れており、城・星・花・伝説などが多く使われている。③は、単なる歌謡曲ではなく、洋楽との融合を図り、かつ、哀愁を帯びているものが多い。
 A級GSには、②と③が多く、後世にまで残る名曲の数々が生まれている。所謂十大GSと1曲でA級入りしたGSについての名曲を紹介したい。


  グループ       代表的な曲               自分の好きな曲

1.タイガース   君だけに愛を/花の首飾り          美しき愛の掟
2.テンプターズ  神様お願い/エメラルドの伝説        今日を生きよう
3.オックス     ガール・フレンド/スワンの涙         オー!ビーバー
4.スパイダース  夕陽が泣いている/いつまでもどこまでも  もう一度もう一度
5.ワイルド・ワンズ  想い出の渚/愛するアニタ         マーシー・マイ・ラブ
6.ヴィレッジ・シンガーズ  バラ色の雲/亜麻色の髪の乙女  森の中の少女
7.カーナビーツ  好きさ好きさ好きさ/泣かずにいてね     ウム・ウム・ウム
8.ジャガーズ   君に会いたい/マドモアゼル・ブルース    哀れなジョン
9.ゴールデン・カップス 長い髪の少女/愛する君に       過ぎ去りし恋
10.ブルー・コメッツ  ブルー・シャトー/さよならのあとで     銀色の波
11.パープル・シャドウズ  小さなスナック/別れても好きな人  ラブサイン 


 A級GSは、発表した曲も数多く、スパイダースブルー・コメッツなどは活動期間も長く、多くのアルバムも出している所から、隠れた名曲が多い。
 スパイダースは音楽的な幅も広く、”メラ・メラ”や”なればいい”などのガレージ曲もレパートリーに入れている。
 また、ゴールデンカップスは、洋楽のアレンジが妙で”ヘイ・ジョー”や”モジョ・ワーキング”などは、絶妙なカルト仕上げになっている。 
 洋楽と言えば、カーナビーツはGSの中で、最も洋楽のカヴァーを日本語で歌っているが、”好きさ好きさ好きさ”や”オーケイ”、”ウム・ウム・ウム”などは、オリジナルよりもで気が良いと思う。

 ワイルド・ワンズヴィレッジ・シンガーズは青春路線で、自分が丁度青春真っ盛りだった当時、心情に訴える曲が多かった。
 オックスは、独自のメルヘンの世界を築き、実に微笑ましかった。
 タイガース、テンプターズ、ジャガーズ、パープル・シャドウズとブルコメは、似通った路線が多かったが、一般の歌謡曲とは趣が異なり、素晴らしい味を出していた。
 とにかく、GSは忘れがたき我が青春の置き土産である。

- 自分が選んだGS名曲集
コメント
URL
COMMENT
PASS:
シークレット 管理人だけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
136
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/07/30(Mon) 17:42:11|-|URLMAIL編集/削除
管理人のみ閲覧できます
131
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/12/04(Fri) 23:44:48|-|URLMAIL編集/削除
めぐりゅうさんへ
130
めぐりゅうさんのような若い人まで知っている「花の首飾り」昭和の名曲ですね。
GSには知られざる名曲が沢山あります。
自分には、GSと共に歩んだ青春時代でした。
2009/10/24(Sat) 14:30:43|kurimasa|URLMAIL編集/削除
129
GSが流行っていた時代は小さかったから覚えていないのですが、タイガースの「花の首飾り」は好きで歌詞も覚えています。
GSって良いですよね。
2009/10/24(Sat) 10:56:02|めぐりゅう|URLMAIL編集/削除
置手紙
おきてがみ

 おきてがみりんく集 
クリックして痕跡を残してください。 後ほどお例に参ります。
  
ツイッター
  
スポンサードリンク
  
QRコード
QR
  
copyright(c) 2005 オールディーズ・ポップス&ロック Allright Reserved.
Designed by 吉祥人デザイン( Ryoujinn )

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。