FC2ブログ
             自分の青春時代に、一度でも触れたポップスやロック、映画音楽を洋楽・邦楽ともに紹介していきます。
プロフィール

kurimasa

kurimasa

自分の青春時代に、一度でも触れたポップスやロック、映画音楽を洋楽・邦楽とも収集している。 '60年代と'70~'75までの英・米
POPS&ROCKや日本のグループサウンズを語らせたら止まらない。

  
ランキング

ランキング参加中です。応援クリックしてもらうと嬉しいです。(#^.^#)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログへ



人気ブログランキング【ブログの殿堂】





blogram投票ボタン
  
i2i アクセス解析
i2i アクセスランキング
  
ブログ内検索
  
あしあと
  
Yahoo!ボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
  
Googleボットチェッカー
Googleボットチェッカー
  
MSNボットチェッカー
MSNボットチェッカー
  
スポンサーサイト
--/ --/ -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント
URL
COMMENT
PASS:
シークレット 管理人だけ表示を許可する
 
日本のGSの歴史 30
2009/ 06/ 25 ( Thu ) 23:49:11
北方志向のGS対決、バロネッツ対ルビーズ

バロネッツ

 北方志向といえば、シベリアサウンドのジェノバが有名であるが、ジェノバに関しては既に記したので、ここではバロネッツルビーズについて述べる。
 バロネッツのデビューシングルは”サロマの秘密”。北国に置いてきた恋人を偲ぶ情景が目に浮かぶ。北国の森をテーマにした曲が多かった。3枚のシングルを出しているが、全体の曲調は、パープルシャドウズ路線であった。


      バロネッツのシングル・ディスコグラフィー

1.「サロマの秘密/愛の女神」’68年9月
2.「恋人たちの森/ある恋のエピソード」’68年12月
3.「笑ってよいしょ/白夜のカリーナ」’69年5月  
                      *A面はTVドラマ主題歌でB面のみ彼等の曲


 ルビーズのデビュー曲も、北国に置いてきた恋人を想う幻想的な哀愁歌謡。この曲の発売に際して、レコードに券をつけて抽選でルビーをプレゼントするというキャンペーンを行った。
彼等も3枚のシングルを発表しており、全体に哀愁感漂うバラードが多いが、3枚目シングルの”恋のピストル”だけガレージっぽいが、作られた歌詞に合わせたわざとらしさを感じる。

 ”カルトGSポリドール編”のCDには、”夜霧のガイコツ今晩は”というコミックソングと田村エミのバッキングを務める”赤い星、青い星”が収録されている。


      ルビーズのシングル・ディスコグラフィー

1.「さよなら、ナタリー/ゆるしておくれ」’67年4月
2.「渚のルビー/青い瞳のエミー」’67年9月
3.「恋のピストル/あなたに抱かれて死にたい」’68年2月

 両バンドとも、雨後の竹の子のごとく出てきたGSの中にあって、何か特徴付けをしなければと言う製作者側の意図が窺える。敢えて北方志向を打ち出したのはそのせいであろう。

コメント
URL
COMMENT
PASS:
シークレット 管理人だけ表示を許可する
 
置手紙
おきてがみ

 おきてがみりんく集 
クリックして痕跡を残してください。 後ほどお例に参ります。
  
ツイッター
  
スポンサードリンク
  
QRコード
QR
  
copyright(c) 2005 オールディーズ・ポップス&ロック Allright Reserved.
Designed by 吉祥人デザイン( Ryoujinn )

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。