FC2ブログ
             自分の青春時代に、一度でも触れたポップスやロック、映画音楽を洋楽・邦楽ともに紹介していきます。
プロフィール

kurimasa

kurimasa

自分の青春時代に、一度でも触れたポップスやロック、映画音楽を洋楽・邦楽とも収集している。 '60年代と'70~'75までの英・米
POPS&ROCKや日本のグループサウンズを語らせたら止まらない。

  
ランキング

ランキング参加中です。応援クリックしてもらうと嬉しいです。(#^.^#)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログへ



人気ブログランキング【ブログの殿堂】





blogram投票ボタン
  
i2i アクセス解析
i2i アクセスランキング
  
ブログ内検索
  
あしあと
  
Yahoo!ボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
  
Googleボットチェッカー
Googleボットチェッカー
  
MSNボットチェッカー
MSNボットチェッカー
  
スポンサーサイト
--/ --/ -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント
URL
COMMENT
PASS:
シークレット 管理人だけ表示を許可する
 
日本のGSの歴史 21
2009/ 06/ 18 ( Thu ) 19:57:58
シングル1枚の解散が惜しまれるB級GS対決、ガリバーズ対シェリーズ対ムスタング対スピリッツ

ガリバーズ


 ガリバーズの曲は、たった1枚のシングル盤しかリリースされなかったが、『幻のカルトGS』と言われ、一部マニアに根強い人気があった。2曲とも筒美京平の作曲だが、A面の”赤毛のメリー”は、エンディングの波止場の汽笛の音が、異国情緒を掻きたてる名曲である。イントロからワウワウを使ったギターテクと言い、良く通る野太いヴォーカル、息の合ったコーラス等素晴らしい名曲だ。彼等のフィーリングも日本人離れしていた。一度聞いたら忘れられないリズム感だ。自分は、この曲が大好きだが、B面の”ダークな瞳”も良い。両曲ともカルトっぽいガレージサウンドで、B面の方が良いという人も多い。
 2枚目のシングルとして予定されていた”砂山”は、お蔵入りになった。1枚のシングルのみで、最も惜しまれたグループである。宇崎竜堂は、このバンドのマネージャーをしていた。


      ガリバーズ唯一のシングル

1.「赤毛のメリー/ダークな瞳」’68年7月


 シェリーズは、デビューにあたって長時間連続演奏に挑戦し、32時間にわたってデビュー盤の二曲だけを交互に繰り返すというステージを繰り広げた。A面の”想い出のシェリー”は、男臭さが匂うヴォーカルとコーラス、オルガンがかなりガレージであった。叫び声が入る感動的な曲だ。B面は、完全な歌謡曲だが、両曲とも自分は好きだった。レコードも買ったが、早い解散が惜しまれる実力派だと思う。


      シェリーズ唯一のシングル

1.「想い出のシェリー/あの空は遠い」’67年11月


 ムスタングも1枚のシングルで解散したが、A・B面共サイケなガレージサウンドだ。歌詞の内容も凄い。B面は英語で歌っており、海外でも通用するカルトGSだと思う。リアルタイムでは知らなかった。


      ムスタング唯一のシングル

1.「ゲルピン・ロック/ムスタング・ベイビー」’68年4月


 スピリッツも、1966年2月の『勝ち抜きエレキ合戦』札幌大会で優勝した実力派であり、’68年5月”人魚の涙”でレコードデビューしたが、この1枚のシングルだけで解散した。
 イントロに波の音を入れており、神秘的な曲だった。(波の音はGSの曲に多い)自分は、このレコードを買ったが、当時でもほとんど知られていなかった。


      スピリッツ唯一のシングル

1.「人魚の涙/ワン・モア・キッス」’68年5月


 4グループとも実力があり、個性的なバンドであったが、曲はほとんど売れていない。バンドとしても一部に知られていたのは、ガリバーズぐらいであろう。シェリーズは小ヒットしたが、自分はガリバーズと共に好きなバンドであった。

コメント
URL
COMMENT
PASS:
シークレット 管理人だけ表示を許可する
 
置手紙
おきてがみ

 おきてがみりんく集 
クリックして痕跡を残してください。 後ほどお例に参ります。
  
ツイッター
  
スポンサードリンク
  
QRコード
QR
  
copyright(c) 2005 オールディーズ・ポップス&ロック Allright Reserved.
Designed by 吉祥人デザイン( Ryoujinn )

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。