自分の青春時代に、一度でも触れたポップスやロック、映画音楽を洋楽・邦楽ともに紹介していきます。
プロフィール

kurimasa

kurimasa

自分の青春時代に、一度でも触れたポップスやロック、映画音楽を洋楽・邦楽とも収集している。 '60年代と'70~'75までの英・米
POPS&ROCKや日本のグループサウンズを語らせたら止まらない。

  
ランキング

ランキング参加中です。応援クリックしてもらうと嬉しいです。(#^.^#)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログへ



人気ブログランキング【ブログの殿堂】





blogram投票ボタン
  
i2i アクセス解析
i2i アクセスランキング
  
ブログ内検索
  
あしあと
  
Yahoo!ボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
  
Googleボットチェッカー
Googleボットチェッカー
  
MSNボットチェッカー
MSNボットチェッカー
  
スポンサーサイト
--/ --/ -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出に残る曲 37
2009/ 04/ 06 ( Mon ) 21:13:40
語りかけるソウルなメロディ

オーティス・レデイング

 ビルボード誌1968年年間ランキング第6位の”ドック・オブ・ベイ”は、1955年からのロック時代以降では初めて、アーティストの死後に発表されてチャート1位を獲得したシングルとなった。
 1967年の12月にこの曲の録音を完了した3日後にオーティス・レディングは、自家用飛行機の事故で死亡している。志望後に発表されたこの曲が、オーティス最大のヒット曲になった。悲劇のヒーローと騒がれたので、自分も中学時代にこのレコードを買った。

 波の効果音と印象的なベースの繰り返しから始まり、途中カモメの効果音を入れながらメローなギターが歌うように入る。そして最後は口笛とともに曲が終わる。この曲を聞けけばサンフランシスコ湾のドックに座っている男の姿が目に浮かんでくる。


朝日を浴びて座っている
夕方になっても座っているだろう
船が港に入って来るのを見ながら
そして船がまた港を出ていくのを見ながら

港のドックに座って
潮の満ち引きを見ながら
ただ港のドックに座って
時間を無駄につぶす

故郷のジョージアを離れて
サンフランシスコ湾に向かった
何も生きがいもなかったから
何も自分に起きそうもなかったから

だからただ港のドックに座って
潮の満ち引きを見ながら
ただ港のドックに座って
時間を無駄につぶす

何も変わりそうもない
すべてが同じままだ
10人の人がやれって言うことも俺にはできない
だからいつも同じままだろう

ここに座って骨休めをして
この孤独はずっと離れやしない
2000マイルさまよって
行きついたこのドックを家にするだけだ

 彼の死が頭にあるから、打ち寄せる波の音もラストの口笛も、余計物悲しく聞こえてくる。寂しい孤独な男の話だ。
スポンサーサイト

思い出に残る曲 30
2009/ 03/ 31 ( Tue ) 21:34:03
息の長いソウルの女王

ダイアナ・ロス&シュープリームス

 ダイアナ・ロスは、アメリカで最も成功した黒人女性歌手の一人であり、ブラックミュージック界の大御所である。
1961年、3人組の女性コーラスグループ”シュープリームス”としてデビューする。
シュープリームスには、”ストップ・イン・ザ・ネーム・オブ・ラブ”、”恋はあせらず”、”キープ・ミー・ハンギン・オン”など数々のヒット曲があるが、自分が一番好きな曲が、1968年の”ラブ・チャイルド”である。
 
 1970年にダイアナは、グループを脱退し、ソロとして活動を始めるが、”エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ”を皮切りに、”タッチ・ミー・イン・ザ・モーニング”、”マホガニーのテーマ”などの全米1位ヒットを放ち、スーパースターとしての地位を確立した。
 ダイアナはシュープリームス時代に12曲、ソロとして6曲、計18曲のビルボード1位のヒットを放っている。これはビートルズの20曲に次ぐ史上2位の記録である。

 また彼女は、ビリー・ホリデイの伝記映画”ビリー・ホリディ物語”に主演として起用され、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた。主題歌がヒットした”マホガニー物語”でも主演を務めるなど女優としても活躍している。

 さて、”ラブ・チャイルド”を中学3年の時、初めてラジオで聞いて身震いするほど感動した。すぐにレコードを買ったが、スラム街に生きる女性が切々と訴えるように歌いかける彼女のソウルが心に染み込んだ。


安アパートのスラム

あなたは私は愛を感じないって思っているでしょう
でもあなたへの気持ちは偽りのない愛
他人の目に映っているの私の姿は
傷ついて馬鹿にされて受け入れてもらえない

ラブ・チャイルド なりたくてなったわけではないのに 
ラブ・チャイルド 貧しく生まれ
ラブ・チャイルド なりたくてなったわけではないのに
ラブ・チャイルド そんな私を見て

私の人生は古くて寒くて壊れかかった安アパートのスラムから始まった
お父さんは家を出て 結婚もしていなかった
お母さんが知った罪を私は分け合った
だから私に名前がないことを皆が知るのが怖かった

私たちが見つめているこの愛は
待つだけの価値がある
でも結局は憎んでしまうでしょう
私たちの間に出来る子供を

ラブ・チャイルド なりたくてなったわけではないのに 
ラブ・チャイルド 世間からは馬鹿にされ
ラブ・チャイルド いつもあとまわし
ラブ・チャイルド 他の人とは違っていた

もうちょっとがんばって
もうちょっとがんばって
学校に入学した 擦り切れた誰かの捨てた服を着て
迷いを持っていつも生きて行くことを知った
質素なものさえなく生きていくことを知った
だから友達が私の中にある罪を見つけてしまうのが怖かった

私があなたを必要としていないなんて思わないで
あなたを喜ばせたくないなんて思わないで
私の産む子供には決して
私が持っていた恥ずべき名を持たせない

ラブ・チャイルド いいことなんてない
恐れて 恥じて 誤解されて

でも私はあなたをいつも愛す
私はあなたをいつも愛す
私はあなたをいつも愛す

 ラブ・チャイルドとは、私生児のこと。私生児としてスラム街に生まれた女性が、男を愛し、自分の子供には自分と同じような惨めな目にあわせたくないという、彼女の思いをダイアナは感情を込めて見事に歌い上げている。その気持ちが切々と伝わる名曲だ。

思い出に残る曲 16
2009/ 03/ 23 ( Mon ) 21:10:52
ソウル・バラードの古典

パーシー・スレッジ

 1966年の”男が女を愛する時”この1曲だけで、パーシー・スレッジの名は、ポップス史上に永遠に刻み付けられた。この曲こそ、未来永劫に輝く“恋愛クラシック"だ。
 オルガンの音色がたゆたうイントロに始まり、ハートウォーミングな彼の歌声が聞こえてくる。独特の優しさと味わい深いボーカルだ。タイトル通り、女を愛する男の情感をソウルフルに歌い上げている。
彼女を口説くのに、言葉は要らない。この詩を心を込めて歌い上げれば良い。


男が女を愛するとき
他のことに気を留めていられない
男はこの世界と引き換えにしかねない
見つけたばかりの宝のために

たとえ彼女に欠点があっても見えやしない
彼女は完全無欠なのだ
親友にだって背を向ける
もし彼が彼女をこき下ろせば

男が女を愛するとき
最後の金を使ってでも
自分が必要なものを放さないようにする

すべての安楽を捨てて
雨の中で寝るかもしれない
もし彼女がそうしろと言うのなら

この男はある女を愛している
持っているものはすべて君にやった
君の大切な愛を手放さないようにしたくて
だからお願いだから冷たくしないでくれ

男が女を愛するとき
魂の奥底で
彼女が男を惨めにすることだってある

もし女が男を弄んだとしても
男はそれに気付かない
恋は盲目だから


男が女を愛するとき
男は完全無欠
他の女に手を出すことは決してできない

そう 男が女を愛するときの
男の気持がよくわかる
なぜって君はボクの世界だから

 魂を揺さぶるような永遠の愛のバラードである。

思い出に残る曲 4
2009/ 03/ 10 ( Tue ) 21:07:15
ソウルを感じるポップス

ライチャス・ブラザーズ

 1965年のライチャス・ブラザーズによる大ヒット曲”アンチェインド・メロディー”。自分がレコードを集めだしたのは、翌1966年からだったので、あとで、これもゴールデンカップスのデビューアルバムで知った。
 ブラザーズと言っても本当の兄弟ではなく、ヴォーカルを聴いた第一印象はクロッポイと思ったが、白人男性デュオグループである。R&Bの核に触れたようなヴォーカルスタイルは、まさにソウル・ミュージックそのものだ。

 アンチェインド・メロディーは、彼等の代表曲になっているが、1990年の映画”ゴースト/ニューヨークの幻”のテーマ曲に使われ、リバイバルヒットした。この映画でピッタリハマッタように、永遠のラブソングだ。曲と詩はシンプルで、簡単に口ずさめるが、タイトルがやや難解だ。無理に邦訳したが、Unchainedより、Unchangeing(変わらない)の方がしっくりくると思う(笑)。

解き放たれたメロディー
オー!僕の恋人 愛しい人
僕はずっと君が触れてくれるのを
長い間一人ぼっちで恋焦がれていた
時はとてもゆっくり過ぎながらも
大きなことを成し遂げる
君はまだ僕のものかい
君が必要なんだ
君が必要なんだ
神がそうさせている あなたへの愛を

孤独な川は流れていく
海へ 海へと
大きく広げた海のその腕の中へ
孤独な川は溜息をつく
「僕を待っていて 僕を待っていて
 あなたの元へ帰るから 僕を待っていてよ」

孤独な山は見つめている
空に輝く星を 星たちを
日が暮れる時を待っている
たった一人で見つめている
星を 星たちを
遠く離れた愛を夢見ながら

 何度でもリバイバル・ヒットする曲であろう。

置手紙
おきてがみ

 おきてがみりんく集 
クリックして痕跡を残してください。 後ほどお例に参ります。
  
ツイッター
  
スポンサードリンク
  
QRコード
QR
  
copyright(c) 2005 オールディーズ・ポップス&ロック Allright Reserved.
Designed by 吉祥人デザイン( Ryoujinn )

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。